アイケアHOME

手持眼圧計の

ご 案 内

key_icare_home.jpg

​アイケアHOME手持眼圧計とは

アイケアHOMEは、緑内障患者さん自身が眼圧測定できるようデザインされた機器です。

患者様ご本人が自宅でモニタリング用途として使用することができます。

緑内障治療において重要なのは、進行を抑制するために眼圧をコントロールすることです。

しかし、どこまで眼圧をさげればよいかは、患者さんによって違いがあり事前はわからないということが問題です。また眼圧は時間帯によって変動することが知られています。日中の診察時の眼圧が低くても緑内障が悪化してしまう方の場合、夜間や朝方に眼圧が高いことがあり、また落屑緑内障という緑内障は日によっても眼圧変動が大きく、1-2ヶ月に1回の眼圧検査では把握できないことがあります。

そこで自宅で眼圧が管理できる眼圧計、「iCARE HOME」が発売されました。

測定値は測定時間と共にアイケアHOME本体に自動的に記録され、日内変動を知る上での貴重なデータとして蓄積され、眼科医はそれぞれの測定データをアイケアLINKで読み取りPC上で管理します。

測定データは表やグラフで表され、緑内障治療の効果や長期的な進行度などの眼圧管理を極めて高いレベルで分析することができます

Icare_HOME_kitchen.jpg

​アイケアHOMEのメリット

1.治療効果の目安である眼圧の確認が自宅で任意の時間に行えること

2.自分の病気についてある程度、自己管理したい方

3.転勤が多く、かかりつけの眼科の変更があってもデータを生かしたい方

4.海外、他の病気などで療養が必要な方や長期の出張などで診察の頻度が少なくなってしまう方など


※視野異常が重篤な緑内障の方や眼圧の変動が激しい緑内障の方以外は一般的には通常の診察で問題ないため、医師が診察にて必要性を判断します。​​

icarehome_edited.jpg