医療設備の

​ご案内

超音波白内障手術装置AMO社WHITESTAR Signature)

安全かつスムーズな眼に優しい白内障手術が行える機器です。より短時間での手術が可能となります。

低濃度笑気ガス麻酔器 (セデント サイコリッチ® )
笑気.png

​当院で行っている局所麻酔手術に使用しております。子どもの歯科治療や無痛分娩にも幅広く用いられる、安全性の高い麻酔機器です。恐怖心や不安感から解放されリラックスした状態で安心して手術を受けて頂くことができます。術後も身体に残らず、使用後はすみやかに排出されます。副作用の心配が少ない麻酔方法です。

レーザー光凝固装置 (PASCAL® Synthesis TwinStar)
pascal.jpg

577nm(Yellow)と638nm(Red)の2色のレーザを搭載し、10~20msの短照射時間で瘢痕拡大を軽減され、患者さんの疼痛を軽減します。また、パターン照射により汎網膜光凝固術(PRP)の治療時間を短縮。術者や患者さんの負担を軽減します。

VERION(TM)イメージガイドシステム
verion.jpg

患者さんの眼の特徴(角膜屈折力、軸の特徴、眼表面)を把握し、手術の精度を高める機器です。 白内障手術をより安全に効率よく行う為の最先端機器です。

網膜観察装置(OCT)オフサルモスコープ
コントラスト感度測定器  CSV-1000
contrast.jpg

コントラスト感度テストは視覚の質を評価する検査技術です。標準視力表では検出できない微細な見え方の質を評価できます。コントラスト感度テストは屈折矯正手術や白内障、緑内障、さらにはコンタクトレンズの性能などの評価に威力を発揮します。

超音波計測診断装置

超音波を用いて眼球内及びその周辺の形状、性状又は動態を可視化し、診断のための画像情報を提供する装置です。

最先端の眼底観察・解析機器の導入により、従来診断が困難であった疾患の診断制度が向上し、治療前後での評価がより詳細に出来るようになりました。
患者の皆様には、眼底病変をCTやMRIのような断層画像データとして提示出来るようになり、病気に対する理解を深めて頂くことが可能となります。